忍者ブログ

『境界のRINNE』第58話(裁きの輪)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


7月22日に拍手を贈って下さった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。『愚息日記』の更新に邁進(まいしん)します。


輪廻の輪に吸い込まれたRINNE君と桜。
でも、二人とも死んでません。
転生もしてません。
その理由がRINNE君がおばあちゃんからプレゼントされた輪っかのお陰。
そして、何故か、二人とも架印くんのお家にいます。
それも輪っか、『裁きの輪』の機能のお陰。
そして、そこには性懲りもなく架印ママからお金を騙し取ろうとする鯖人が。
ほとほと、コイツには呆れます。
もう、イチイチ解説するのもヤダ
結論からいうとRINNE『君は裁きの輪』のお陰で死なずに済みました。
鯖人は金目の物を盗んで捕まりそうになりましたが、逃亡。
ハア~~~疲れる
※『RINNE』の解説に精神的限界を感じました。
※申し訳ありませんが、今後、『RINNE』の解説は停止します。
※次回からは他所のサイトさまにて『RINNE』をお楽しみ下さいませ。

拍手[0回]

PR

『境界のRINNE』第57話(箱の中)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


前回に引き続いて、依然、ピンチです。
蔵の中に囚われた桜、翼君、鳳(あげは)ちゃんの三人+六文ちゃん。
RINNE君は命の火を取り上げられたままだし。
蔵の中にあったのは謎の箱。
何でもRINNE君の物らしいです。
おばあちゃんの魂子さんからもらったモノ。
でも、開ける前にロクデナシの鯖人に奪われてしまったモノです。
(心底腹立たしいな、鯖人の野郎、許せん子供のモノを取り上げるなんて


ともかく謎の箱をRINNE君に届けねばと急ぐ桜ご一行。
架印君とバトル中のRINNE君の許へ辿り着きました。
謎の箱の中から出てきたのは【輪】
何の【輪】なんでしょう
架印君は心当たりがあるようなんですが・・・。
ハウッ、黄泉の羽織が差し押さえられた
輪廻の輪に引っ張られるRINNE君。
【輪】を差し出す桜。
輪廻の輪にRINNE君が、そして桜までもが吸収されてしまいました。
どうなるこれから
以下次号です。


7月12・13・14日に拍手を贈って下さった方々に感謝致します。
有難うございます。何時も励まされてます。


拍手[0回]

『境界のRINNE』第56話(資本金)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


管理人、今回の話を読んで呆れかえってます。
まず鯖人に、次に架印ママに、そして架印君にも。
鯖人については、今までにも散々に言ってきたから割愛。
架印ママには呆れて呆れて・・・・。
世間知らずだから何でも許されると思ってるんじゃないでしょうね。
いい年して何時まで『夢見る夢子さん』でいるんだか。
カマトト(死語?)ぶってるんじゃない。
いい加減、自分が騙(だま)されてると自覚しろよ。
何を都合よく鯖人にホイホイ騙されてるんだ。
学習しなさいよ
少しは賢くなれ
ア~~~~ムカムカする
そして、そんな母親を庇う架印君も、どうかしてると思う。
現実をシッカリと見詰めさせろよ。
その臭い物に蓋をする方式の対処法は感心しない。
鯖人に対する怨みは判るけど、それをRINNE君にぶつけるのは八つ当たりとしか思えない。
それをする前に自分の母親に現実を見せる方が先じゃないかな。
ああいう架印ママみたいに現実を見ない人は鯖人に騙されなくても似たようなタイプに騙される。
架印君、今後、そうなって欲しくないなら鯖人が結婚サギだとチャンと教えてあげましょう。
ギャグ作品のはずなのに読んでてムカついてムカついて・・・。
管理人、やっぱりシリアス向きなんでしょうか


7月6・7日に拍手を贈って下さった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。いつも励みになってます。
『愚息日記』の新作ジリジリと増殖中です。
現在の字数1100字台です。

拍手[0回]

『境界のRINNE』第55話(差し押さえ)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


たっ、大変であります
記死神(しるしがみ)架印(かいん)君にRINNE君の命の火が取られてしまいました。
息をしてません
このまま死んでしまうのか


それもこれも、み~~~~んなロクデナシの鯖人のせい
架印(かいん)君が幼い子供だった頃、お母さんが、ロクデナシの鯖人に騙(だま)されたせい。
所謂(いわゆる)、結婚サギですね。
鯖人の野郎、架印(かいん)君のママからゴソッと大金を騙し取ってます。
架印君たち親子に残されたのは借用書と担保の粗大ゴミの山。
しかも、その昔の借用書の連帯保証人にRINNE君が仕立てられてました。
まだ小学生くらいの子供のRINNE君をですよ


信じられない、どこまでロクデナシなんだ、鯖人
ム~~~~如何にも怪しげな鯖人にコロッと騙(だま)された架印(かいん)君のママにも、ある程度問題ありとは思うけど・・・・。
いい年した大人の女が、ましてや母親が、あんな見るからに怪しい男(鯖人)に騙されるなよ
それでも、やっぱり、一番悪いのは鯖人だ
同じように子を持つ親として実に実に許しがた~~~い


それは、ひとまず置いといて、RINNE君の命の火を取り戻さなければ
大事な黄泉の羽織まで差し押さえられてしまいました。
架印君がRINNE君の命の火と交換条件に出したのはダマシ神カンパニーの場所。
それを明日の朝10時までに捜し出さないとRINNE君は本当に死んでしまうそうです。
桜と翼君と鳳(あけぼの)ちゃん、それに黒猫の六文ちゃんが、RINNE君の命の火を取り戻そうと、あの世へ向かいます。
ダマシ神カンパニーの場所は判らないから架印君の処へ。
RINNE君自身も霊の状態で急ぎます。
さ~~~て、次回どうなることやら。


:【追記】:
明日、新作、『愚息日記』の(31)を公開する予定です。
思ったより早く仕上がったので。
今回はチョコッと笑える感じ(?)かな。(●^o^●)



拍手[1回]

『境界のRINNE』第54話(記死神<しるしがみ>)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


今回から新顔が、新キャラ登場です。
それでもって、何だかシリアスっぽい。
ギャグから路線変更か


まずは既に登場済みの女子高生の死神鳳(あげは)ちゃん。
今日も元気にダマシ神(ウサギ)をやっつけようと頑張ってます。
そこへ現われたのがアヒルの着ぐるみ。
カンパニーへ逃げるダマシ神を助けます。
てっきりアヒルもグルだと思って爆弾投下。
ダマシ神はキュ~~~~~
一方、アヒルの着ぐるみの中から現われたのは美形の少年。


綺麗な顔だけど性格は滅茶苦茶キツイ
何だか初登場の頃の殺生丸さまをチョッと髣髴(ほうふつ)させます。
ズバズバ鳳(あげは)ちゃんを傷つける言葉を吐きます。
本当の事なだけに余計に傷付くんだよね。
泣きながら鳳ちゃんが来たのは授業を受けているRINNE君の処。


新キャラは記死神(しるしがみ)架印(かいん)。
記死神(しるしがみ)とは、あの世の名簿係だそうな。
そして何故か新顔はRINNE君のことを知っていました。
いきなりRINNE君を攻撃します。
武器は・・・何だか古代エジプトの王錫(おうしゃく)に似てます。
大きな円形の鏡が付いてます。
鏡の部分にエネルギーを溜めて敵に放つタイプのようです。
衣装は剣道の胴着と袴に似てるかな。
間一髪のところで躱(かわ)すRINNE君。


借金まみれのRINNE君(ロクデナシ親父の鯖人のせい)の経済状況を知っている記死神(しるしがみ)の架印(かいん)。
どういう訳か判らないけど、この記死神の架印(かいん)君、RINNE君の借金の債権者なんだそうです。
RINNE君の寿命で借金の一発完済を狙っている模様。
ウ~~~~ム、次回からは真剣バトルのシリアス路線かしら




拍手[0回]

『境界のRINNE』第53話(愛の歌)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


今回の話しの結末もユルユル~~~~でした。
ギャグ作品だからしょうがないんでしょうが、思わずハァ~~~と気が抜けそう。
え~~~とですね、幽霊ヤンキー娘のラン子は生徒会長である優木ナオミの伯母さんでした。
生徒会長のお母さんの双子の姉がラン子だったんです。
それにしても昔のスケ番スタイルを見ると凄い違和感が
当時は何とも思わなかったけど、ミニ全盛の今、見ると信じられない。
やたら浮いてますよね、あの長~~~~いスカート。
そして、あのヘアスタイルって、当時、流行ってた松田聖子ヘア


話の要点は、妹のリン子が優木君を好きなのを知って姉のラン子がリン子の名前でラブレターを出したのが発端(ほったん)です。
二人をからかってやる積りで。
(この時点で、既にラン子は性格がひねくれてる
(人の気持ちを弄(もてあそ)ぶんじゃない
そしてリン子のふりをして優木君に会いにいったら・・・。
優木君がリン子に自作の下手くそな『愛の歌』をプレゼントするのを聞いてしまったのです。
ショックを受けるラン子、ラン子も本当は優木君が好きだったから。
思わず優木君に向かい「気持ち悪い歌唄ってんじゃねーよ、ヘタクソ——っ!!あたしはおめーなんか大っ嫌いなんだ、バカヤロ——!」と喚いてしまったのでした。


それをズッと後悔し続けてきたラン子。
妹のリン子に謝りたかったんですね。
にしても傍迷惑な・・・。
素直じゃないにも程がある
スンナリと謝れないもんですかね。
幽霊になってもトコトン捻(ひね)くれてる。


ア~~~~やっぱりギャグですね。
『犬夜叉』は本当にシリアスだったなあ~~~と思い返す管理人です。
時々、ギャグが炸裂してたけど、基本は真面目にシリアスしてました。


6月16日に拍手を贈って下さった方々に感謝致します。
有難うございます。いつも励まされてます。

拍手[0回]

『境界のRINNE』第52話(同じ顔の幽霊)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


昔懐かしの不良、今で言うヤンキー娘の幽霊が登場。
しかも、見える幽霊とチョッと厄介な存在。
それに、どうも、この幽霊、20年以上前に亡くなっているらしいんです。
にしても、レトロな格好だな~~~~
所謂(いわゆる)、『スケ番』の格好ですね。
今の時代に、あんなロングスカートはあり得ない。
それに今でこそ茶髪はありふれてるけど20年前の頃は不良の象徴のようなモノでしたっけ。
ム~~~~懐かしいですね~~~~
元祖、正等派()の不良スタイル。
何故か、そのヤンキー幽霊娘は優等生の生徒会長さんとソックリ。
未だに成仏していないのは何か伝えたいことがある為
謎をはらんで以下次号です。


6月8日に拍手を贈って下さった方に感謝です。
有難うございます。

拍手[0回]

『境界のRINNE』第50話(負の連鎖)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


翼君にとってRINNE君は桜を間に挟んだ恋敵。
RINNE君を呪いたい(虐めたい)魔狭人は、翼君を利用。
悪魔の書を利用してRINNE君を呪うように仕向けます。
悪いことに翼君が持っている『負(穢れた)のパワーストーン』が、それを助長。
(何も、自分が持ってる必要ないでしょうが家に置いてくるなりしろ


前回、散々、ひどい目にあわせたRINNE君に申し訳ないと思ったのか、翼君、自分の家に伝わる魔除けのロケットをタイヤキとともに百葉箱に入れておきました。
そんな翼君の前にRINNE君が桜と一緒に教室へ入ってきます。
ブラックな気持ちの翼君の許へ、またまた悪魔の書が


呪い発動いきなりの大雨
そして、RINNE君の座っている処にだけ雨漏り。
ビショビショのRINNE君、勿論、タイヤキも同様です。
RINNE君への度重なる呪い()の所業に桜が怒ります(冷めてるけど)。
もし、RINNE君を呪ってるのが自分だとバレたら桜に嫌われてしまうと思った翼君。
人知れず事態に対処しようと行動を開始します。


まず、悪魔の書は焼却炉へ。
(証拠隠滅ですね)
そんな翼君を影から見守るのは『負の連鎖』を仕掛けた悪魔の魔狭人。
魔狭人の狙いは翼君を使ってRINNE君を破滅させること。
ついでに翼君の魂を穢して自分がもらい地獄に落とすこと。
魔狭人は一石二鳥を企(たくら)んでます。
そして、翼君の方は別の諺(ことわざ)を使うなら『人を呪わば穴ふたつ』的状況にあります。
この場合の(穴ふたつ)は『墓穴ふたつ』を意味します。
つまり、人を呪えば相手だけじゃなく自分の墓穴も必要になる訳ですよ。
呪えば呪い返されます。
自分の行為は必ず自分に跳ね返ってきます。


一人ほくそえんでいた処を、魔狭人、RINNE君に急襲されます。
死神の鎌で危うくサクッと刈られそうに。
桃缶、クッキー、タイヤキと食べ物が絡んでいるだけに、RINNE君、容赦がありません。
『食い物の怨みは怖ろしい』を地でいってます。
地面に魔方陣を描く翼君、恐らく、魔狭人を召喚してやっつけようって魂胆でしょうね。
そこへ、桜がやって来ます。
何故か、悪魔の書を持って
又しても手元に悪魔の書が戻ってしまった翼君。
その時、魔方陣の中に魔狭人とRINNE君が出現。
魔狭人だけを呼び出すつもりだった翼君、思わず「邪魔だ」と念じてしまいます。
呪い発動地ならしの重いコンクリートのローラーがRINNE君の頭上に落ちてノックアウト
(ハアッ つまり、翼君、魔狭人の上にローラーを落とす積りだった訳 そんな単純なことで悪魔をやっつけられると
遂に桜にRINNE君を呪っていたことがバレテしまいました。
(魔狭人がばらしたから)
さあ、どうする翼君
以下次号です。


5月25日に拍手を贈って下さった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。励みになります。

拍手[1回]

『境界のRINNE』第49話(聖石(パワーストーン)の呪い)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


今回は新展開です。
何と魔狭人(まさと)が再登場
そして思うように桜との仲が進展しなくてイライラする翼君にチョッカイを
『悪魔の書』なる呪いアイテムを渡してRINNE君を呪うように誘いかけます。
それにしても魔狭人、聖灰は平気なのに、何故、物理攻撃に弱い
翼君に殴られ(ボコられ)て頭にはコブができました。
投げつけられたゴミ箱が、もろにヒット(ドカッ)してダメージを受けてます。


RINNE君が血の涙を流してます。
その理由は
大事に大事に取っておいた桃缶を桜にプレゼントしようとしてるから。
平成世代の人には判らないでしょうね。
今でこそ桃缶はスーパーなどで100円レベルで購入できます。
しかし、10年、イエ、20年まえ、それどころか、もっと時代を遡(さかのぼ)るほどに、その価値は上がるのです。
以前は、風邪でも引かなければ食べられない高級品だったのです。
今とは天と地ほどに価値が違ってます。
高橋先生と管理人は同世代です。
桃缶に対する思い入れが良~~~く判ります。
貧乏なRINNE君に取って桃缶は“超”高級品なのです。
そんなお宝を桜にプレゼントする、だから、血の涙を流してます。


悪魔の魔狭人と関わって気分がクサクサしてる翼君。
でも、桜に貰った手作りクッキー(※桜のママ製作)で気分回復。
それなのに翼君は見てしまったのです。
大量のクッキーがRINNE君に届けられようとしているのを
翼君のポケットには悪霊に穢されたままの聖石(パワーストーン)が
黒い気分に支配される翼君。
そこへ更に悪魔の書が
桃缶を手に駆け寄ってくるRINNE君。
呪い発動
雷が桃缶を直撃


桃缶を失い落ち込むRINNE君に桜から大量のクッキーが。
喜ぶRINNE君、だが、又しても悪魔の書の呪いが発動
カラスの大群が現われ一つ残らず、掻(か)っ攫(さら)われました。
そうした状況を影で見守る魔狭人。
RINNE君を呪ったことに怯える翼君。
クッキーを奪われ茫然自失のRINNE君。
ひとり桜のみ冷静に状況を分析してます。
本当に桜って冷静というか醒めてるというか・・・。
「犬夜叉」のカゴメとは、キャラが、全然、違います。
さ~~~て、次回の展開や如何に

 

拍手[1回]

『境界のRINNE』第48話(ヨーヨーの思い出)


昨日※上記の画像は『ぱたぱたアニメ館』よりお借りしました。
URL=http://www.pata2.jp/


エ~~~~っと、ヨータ君はイジメっ子でした。
小学生あたりによくいるアレです。
好きな女の子をイジメて泣かせるタイプ。
そして桜と翼君のクラスメイトでした。


結局、ヨータ君は悪霊に操られていました。
その悪霊をRINNE君が分離香でヨータ君の霊から追い出しました。
分離香とは昔懐かしゴキブリ退治のバルサンに似た悪霊追い出しグッズです。
【一缶20円】とお手頃価格


その悪霊のパワーの源は、翼君が、昔、おばけ杉の根元に埋めたパワーストーン
それを悪霊から分離させるには、分離香のカプセルタイプが必要です。
六文ちゃんが翼君に、それを売りつけます。
何と【200円】
20円10=200円
ぼったくる積りです。
とはいえ、元々の値段が20円だからねえ。
ぼったくると云っても大した事ありません。
分離香を喰らってパワーストーンを吐き出した悪霊は呆気なくRINNE君に浄化されました。


ヨータ君の未練は、おばけ杉の根元に隠したヨーヨーでした。
それは、桜の物でした。
ヨータ君は桜が好きだったのです。
ヨーヨーが桜の元に戻ったらヨータ君も成仏しました。
次号から新章だそうです。

拍手[0回]