忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第二十作目『我が執着は蜘蛛の糸の如く』

ゴオォ~~~黒煙を吐く火山の火口。マグマ溜まりの中に浮かぶ結界。
ゴボッゴボッゴボッ。
人も獣も寄せ付けない有毒ガスと超高温の中に結界を張り身を潜める奈落。
桔梗の霊力と自らの瘴気による戦いに勝利したものの、手中の四魂の玉に残った一点の清浄さ。
己が汚れ(けがれ)に満ちていた四魂の玉から、どうしても消えない一点の光。
奈落の脳裏に甦る桔梗との死闘シーン。

(桔梗―――――この一点の光が、犬夜叉の刀に力を与え、儂の命をおびやかす。)

(桔梗、貴様―――――死んでも、尚―――――まだ、この奈落を・・・・・・・)

白霊山の崩落と共に地中に封じ込めていった人の心、桔梗を想う心を、取り戻しに行ったのは、魍魎丸、赤子との闘いに勝利し、彼奴らを吸収した後だった。
崩れ落ちた白霊山の残骸の中に捨て去った人間の心の成れの果てが、夥しく散らばっている。
降り込んだ雨水が溜まったのだろう。
水中に浮かび上がる気泡。ゴボッ・・・それを見つめる奈落。 
その気泡を発している存在が、奈落に話しかけてきた。

「戻ってきたな、奈落・・・・」

奈落が一度は捨てた野盗、鬼蜘蛛の心。
いや、一度ではない、二度目だ。
最初は、桔梗を想う奴の心が疎ましくて、体内から放り出した。
外部に出した鬼蜘蛛の心は、無双という名前と顔を手に入れ、生前の所業を、そのまま、なぞるように略奪、殺生を繰り返し、己の中に残る記憶に導かれるままに、犬夜叉達と出会い、桔梗との思い出が残る洞穴に辿り着いたのだ。
五十年もの歳月が経とうと、奴の、鬼蜘蛛の、桔梗への執着は少しも衰えてはいなかった。
あの激しい執着こそが、儂の体内の妖怪どもを繫ぎ止めていたのだ。
当時、儂は、まだ、奴の魂抜きでは、体内に巣喰う数多の妖怪どもを完全に繫ぎ止めてはおけなかった。
結果、奴を、無双を、もう一度、取り込む事にしたのだった、不本意ではあったが。

「ふん・・・戻りたくはなかったがな・・・」

忌々しいが、今一度、奴を取り込まねばならん。
無敵の鎧甲と金剛槍破を手中にした魍魎丸との闘いには、溶命樹の力を取り込んでから臨んだ。
目論見(もくろみ)通り、心臓である赤子も魍魎丸も内から吸収し、文字通り乗っ取ってくれたわ。
桔梗も、あの場に居て、全て見ていた筈なのに、それなのに、あの女は、一本の矢も射かけてこなかった。
まるで、何かの機会を窺っているかのように・・・・。
そして、儂は、気付いた・・・・。
桔梗の側に控えていた琥珀の四魂の欠片が、恐ろしいほど清浄な光を発している事に――――
不用意に取り込めば、その清浄な一欠片は、儂の持つ四魂の玉の汚れを一瞬の内に浄化するだろう。

「清浄な四魂の玉ごと、この奈落を、一気に浄化する――――恐らく、それが桔梗の狙いだ。」

「くくく・・・それで一度は捨てた人の心が必要になったか・・・」

ゴボッゴボゴボ・・水中から浮かび上がってきたのは、奈落と同じ顔を持つ人の心。
ザ―――
五十年もの間、己の中に取り込んでいた間に、鬼蜘蛛の心も、奈落に同化していったのだろうか。

「人間の心は、貴様が思うほど悪い物ばかりではないぞ・・・邪まな思い、浅ましき願い、薄汚い執着、それら桔梗にまつわる人間の――負の心は、貴様の四魂の玉に闇の力を与える・・・」

「桔梗を殺すほどの・・・・か。」

「だからこそ、貴様は、儂を取りに戻ったのだろう?」

水面から空中に浮かび上がってきた己そっくりの顔を持つ人の心を手に取る奈落。
シュ―――人の心が手の中で蜘蛛の姿に、鬼蜘蛛に変化した。
そして、そのまま、奈落の手の中にズブズブと潜り込み見えなくなった。
ドクン・・・ドクン・・・ザワ・・・再び、人の心を取り込んだ奈落。
鬼蜘蛛を取り込んだと同時に蠢き出す人としての感情、桔梗に対する執着が、複雑に絡み合った愛憎が甦ってくる。

(負の心か―――そうだ、桔梗を殺すには――――それが一番相応しい武器)

(負の心こそ儂と桔梗を繋ぐもの――――そして、犬夜叉、貴様も――――)

策は、決まった。
血のように赤い満月を背景に空を飛ぶ奈落。
ゴオ・・・取り込んだ魍魎丸の力だろう、右腕は金剛槍破に変化している。
空中から張り巡らす蜘蛛の糸が四方八方に拡がる。
ザア・・・・儂の瘴気を、邪気を、悪意を、蜘蛛の糸に注いで、奴らを絡め捕ってやるわ・・・・・
ククッまずは・・・・桔梗、貴様からだ。
次は犬夜叉を、そして、次はかごめ・・・・お前もだ!!!
何しろ、浄化の力を持っている、お前達二人は、儂にとって最も、危険な存在だからな。
桔梗よ・・・お前になら見えるだろう、儂の蜘蛛の糸が。
この糸が見えるという事が、逆に、お前を絡め捕る為に有利に働く。
何故なら、お前は、何の関係もない里人を見捨てる事など出来ない。
霊力あらたかな巫女だからな。
そら、格好の餌が見つかった。
お前の目の前にいる小娘を蜘蛛の糸で絡め捕ってやった。
さあ、どうする? 
クククッ・・・放っておくなど出来まい、お前には。
さあ、結界から出て来い。
フン・・・流石に用心深いな、桔梗。
式神を使うか。
だが・・・無駄だ。
既に、お前は我が術中に嵌まった。
式神で、蜘蛛の糸を、浄化できたと思った、その時こそ、儂が狙っていた瞬間だったのだ。 
ザアッ! 
瞬時に網のように拡がった蜘蛛の糸が、桔梗を絡め捕った。 
次は、桔梗を餌に犬夜叉を絡め捕るまでの事。
そして・・・犬夜叉と桔梗を絡め捕った後は、かごめをも、この蜘蛛の糸に掛けるのは、造作もない事よ。
何しろ、鬼蜘蛛の心を取り込んだ儂には、奴らの、人の心の動きが、手に取るように判るからな。
桔梗と犬夜叉、あの二人が一緒に居るのを、かごめが黙って見ていられる筈がないのだ。
必ず蜘蛛の糸に触れてくる。 
クククッ・・・もう三人とも絡め捕ってくれたわ。
細工は隆々・・・・後は仕上げだな。

桔梗から離れた琥珀には、儂の新しい分身、夢幻の百夜を放ってある。
清浄に保たれた四魂の欠片を存分に汚してから連れて来いとな。
ンッ! かごめが、鋼牙や法師どもと一緒に、桔梗と犬夜叉から離れて移動していく。
何処へ行くつもりだ?
この方角は・・・・梓山! 
不味い・・・・あの山は精霊の住まう山。
神の姿にも魔物の姿にも変わると云う、見る者の心のままに姿を変える精霊。
そればかりか、桔梗と犬夜叉までもが、かごめを追って、梓山に向かっているではないか!!
急がねばならんようだ。
かごめが切れた弓の弦の代わりを持ち帰る前に、桔梗を手中に収める。
犬夜叉には渡さん。
儂の手の中で死なせてやる。
ゴオォ・・・張り巡らした蜘蛛の糸を手繰り寄せる。
まずは、桔梗を・・・。
ザザッ・・ザッ! 
空中に浮かんだ桔梗を法師めが引き止めようとしているようだな。
ククク・・・無駄な事を。
お前達を絡め捕る事など容易(たやす)い事よ。
ドン!ドン! 
新たな蜘蛛の糸を空中から大量に吐き出し、他の者達も全て絡め捕り梓山から引き離す。
ザアァ・・・ザ――――存分に引き離した処で、用の無い奴らは、放り捨てれば良い。

「くくく・・・」

我が腕の中には桔梗が。
憎い・・・愛しい・・・憎い・・・愛しい・・・憎い!

「酷い有り様だな、桔梗。瘴気で壊れかけている上に・・・弓まで無くしたか?」

「くくく・・・どうだ? 憎い儂の腕に抱かれながら死にゆく気分は・・・」

「憐れだな、桔梗。お前が死にかけていると言うのに・・・愛しい犬夜叉はかごめと共に居る。」

「奈落、貴様!」

法師めが、風穴を開こうとするが・・・フン、そんな事は出来はしまい。

「風穴を開いて、桔梗もろとも儂も吸うか?」
 
ククク・・・相変わらず甘い奴らよ。

「ひっこんでろ、法師! 風穴、開いた処で、また、血ヘド吐いて、ぶっ倒れるだけだろ!」

「奈落! てめえ、今日こそ、ぶっ殺してやる!」

妖狼族の生き残り、鋼牙めが吠えおるわ。

「くくく・・・いつ動かなくなるか判らない足でか・・・?」

金剛槍破の腕を触手のように伸ばし、鋼牙を襲う。
狙うは、奴の脚に仕込まれた四魂の欠片。
バキバキバキッ!!

「やかましい!!」

右腕の五雷指を使って、この儂を引き裂く積りか?
・・・・フッ、笑止!

「鋼牙、捕まるなよ! 犬夜叉とかごめ様が来るまで!」

法師めが必死に鋼牙に呼びかけておるわ。

ドガッ! ガラララ・・・奈落の金剛槍破に砕かれた岩が崩れ落ちていく。
バキバキバキッ!

「へっ、いつ来るか判んねー犬っころなんて頼りに出来るか!」

バキバキッ!バキッバキバキッ!

更に金剛槍破の腕を大きく伸ばし、奴を挟み込もうとする。
バチ―――――ン!すばしこい奴だ

「くくく・・・いつまで逃げられるかな・・・」

チョロチョロ逃げ回っても、いずれは捕まる。

「くくく、良く見ていろ、桔梗。貴様は何も出来ぬまま、四魂の玉は、又一歩、完成に近付く。」

「ふっ・・・ならば急ぐ事だな・・・犬夜叉とかごめは、すぐ其処まで来ている。」

「何・・・?」

瀕死の状態でありながら、まだ、儂に逆らおうとするか、桔梗。

「かごめが・・・蜘蛛の糸を断ち切っただと・・・?」

「何故、そう思う?」

「貴様と私が・・・蜘蛛の糸で繋がっているからだ。」

「だから、判る。貴様の蜘蛛の糸の先に、かごめは、居ない。」

「ふっ・・・」

成る程・・・・流石に鋭いな、桔梗よ。
ブワッ!! 
ザアァッ・・・瘴気を周囲に撒き散らし、奴の、鋼牙の動きを弱らせる。
よしっ! 狙い通り、鋼牙の動きが鈍った。
このまま四魂の欠片ごと、取り込んでくれよう。
シャ――――バシッ! ザァ―――――我が触手に獲物の脚を捕らえた。
ガガガ・・・ガガ・・・

「くくく、愚かだな、鋼牙・・・こうなると判っていて向かってくるとは・・・」

奈落は気付いていない。
鋼牙の脚に仕込まれた四魂の欠片が、凄い勢いで浄化されつつある事に。
それは、恐らくは翠子(みどりこ)の意思による物。 
ズブズブ・・・ズブッ・・チッ! 
触手が鋼牙の脚の四魂の欠片に触れた。
カッ! 瞬時に欠片の清浄さに気付いたのだろう。
奈落の触手が、鋼牙の欠片から引き離された。ズボッ・・・・

「くっ!」

小賢しい!・・・・この奈落を一気に浄化しようとするか! おのれっ!
ジュッ・・・バラバラ・・・鋼牙を捕まえようとしていた金剛槍破の腕が崩れていくではないか。
空を飛べない鋼牙を救い出そうとキララに乗った弥勒と珊瑚が行く。
キララが鋼牙の腕をを咥えた。
ガッ!そのまま、桔梗をも救おうとしたが、奈落が左腕を変化させ、鋭く硬化させた蟷螂のような触手で桔梗を鷲掴みにしてしまった。
バキバキバキッ!! 
何と! 桔梗の体に触手が喰いこんでいるではないか! 
恐るべし、奈落の執念・・・・凄まじいまでの妄執!!!
ザワッ・・・・
逃がしはせん!
この奈落の手の内にある以上、犬夜叉になど絶対に渡さん!

「くくく・・・そうだな、桔梗・・・貴様と儂は蜘蛛の糸で繋がっている。」

「だから―――伝わってきた。儂に対する憎しみと軽蔑と―――犬夜叉への未練がな。」

犬夜叉への思慕の念・・・儂に対しては憎悪と侮蔑の感情しか感じられぬというのに。
ギシ・・・こんなになっても、まだ、犬夜叉の事を想うか・・・・・触手を通して伝わってくる桔梗の想い。

「言っただろう、桔梗・・・貴様は、犬夜叉に会えぬまま、憎い儂の腕の中で死んでいくと。」

「奈落、てめえ――――っ!」

「桔梗を離せ―――――っ!」

犬夜叉が鉄砕牙を振りかざして突っ込んできおった。
ドガッ! ミシッ・・・ギシギシ・・・

「犬夜叉・・・」

おのれ・・・どこまでも儂の邪魔を・・・ギシ・・・桔梗を取り戻しにきたか。

「奈落、てめえ、よくも・・・・」

「ふっ・・・桔梗、嬉しいか・・・? 犬夜叉は、貴様の死に目に間に合ったようだ。」

「許さねえ!」

相変わらず感情をすぐに顔に出す奴だ。
フン・・・単細胞め。
ドクン! 犬夜叉の竜燐の鉄砕牙が脈動する。
ゴォ~~~~~~~奈落の妖穴が見える。

「ふっ・・・竜燐の鉄砕牙・・・か。」

「忘れたか・・・? 貴様は、魍魎丸の鎧甲すら斬れなかったのだぞ。その魍魎丸を取り込んだこの儂を斬れるとでも・・・」

「やかましい!」

ドガッ! ガガガッ! 
竜燐の鉄砕牙が奈落の金剛槍破の腕を斬り離す。
ザワ・・・ビシビシッ・・一旦は斬り離された腕が元に戻ろうとする。

「駄目だ!元に戻る。」

闘いの状況を見て弥勒が叫ぶ!

「妖気の源・・・妖穴を斬っても駄目なのか!?」

七宝も喚く。

「くくく、判ったか。貴様の刀如きでは――――」

「!?」
 
ビシッビシッ・・・ブワッ!!

「!」 

ゴオオォォ・・・・・ドクン!!
どういう事だ! 
奈落の右腕が大きく開き、身体の中に漆黒(しっこく)の闇が見える。

「あの闇は・・・」

かごめが驚いて叫ぶ。

「奈落の身体の中だ。」

鋼牙が応える。

「竜燐の鉄砕牙が効いたって事!?」

珊瑚も訊ねてくる。

「それと・・・鋼牙の欠片だ。」

弥勒が、素早く状況を分析して、皆の疑問に答える。

「恐らく、さっき、鋼牙の欠片に触れて浄化されかけた影響が・・・まだ残っていたんだ。」

ゴオオォ・・・濁ったような暗い闇の中にチラッと見えた黒い四魂の玉が、かごめの目に映る。

「犬夜叉、四魂の玉が・・・身体の奥に!」

かごめが、犬夜叉に叫ぶ。

「玉ごと、たたっ斬る!」

ザッ! そのまま、奈落に向かって突っ込もうとする犬夜叉。

「くっ!」

このままでは、儂の形勢が不利だ。
仕方ない、桔梗を手放すしかない!!
ズルッ・・・触手に掴んでいた桔梗を放り出す。
思った通り、犬夜叉の奴は、桔梗を助けに行く。
その隙に、儂は、態勢を立て直す。
鋼牙の欠片の影響で開いてしまった身体を閉じていく。

「くくく・・・」

バキバキッ・・金剛槍破で身体の内部を覆い隠していく。
鋼牙が、儂に向かって突っ込んでくる。
奴の狙いは、自分の欠片で儂を浄化する事なのだろう。
だが、そうはいかん! 
四魂の玉は、既に移動させた。お前達が想像もしない処にな。
そうだ! そのまま向かって来い!! 
お前の欠片ごと飲み込んでくれるわっ!!!
 
「駄目よ―――っ、戻って、鋼牙くん! 奈落は四魂の玉を持っていないわ!」

かごめが、逸早く、四魂の玉が、奈落の体内に無い事に気が付き、鋼牙を止めようとするが・・・。

「くくく、もう遅い。」

開かれた体の中から触手を伸ばし、鋼牙の身体を捕らえた。
掛かったな。更に、内部に取り込んでくれよう。
シュルルル・・・中で抵抗しているようだが・・・カッ!バチバチ・・ジュ―――ッ

「くくく・・・時間の問題だな。」

ブワッ! 瘴気を吹きかけ、獲物を弱らせる。
バキバキ・・・バキバキ・・バキッ・・・金剛槍破で捕まえた鋼牙を覆い隠していく。
このまま、儂の身体の一部になるがいい。

「奈落!」

「珊瑚、私を支えていてくれ。」

「法師さま・・・」

手負いの法師めが、何を思ったか、危険を冒して風穴を開かんとしているようだ。

「くくく・・・法師、今更、貴様の風穴が、何の役に立つ?」

「儂を吸い尽くす前に、貴様は、瘴気に毒され、血反吐(ちへど)を吐いて倒れるだけ・・・」

「無駄だ。」

・・・愚かな事を。それほど、仲間を助けたいのか?

「無駄ではない!」「風穴!」

ゴッ・・・ゴォ~~~~~~~~~~~ザアアァァ~~~~~~~~
風穴が瘴気を吸い込んでいく。
ガッ! 
儂は、金剛槍破で、手近な崖を掴み、風穴に吸い込まれるのを避ければ良いだけの事。

「愚かな・・・貴様が吸っているのは瘴気だけ・・・」

「それで・・・充分!」

ギリギリと歯を食い縛り、瘴気を吸い込み、その毒気に耐える弥勒。
風穴が大量の瘴気を吸い込んでくれたおかげで、鋼牙は、正気を取り戻し、五雷指で内部から奈落を攻撃する。
ガッ!!カカッ!ドガッ!・・・バチッ!・・バチバチ・・・確実に攻撃が効いているのだろう。
奈落の金剛槍破の腕が衝撃を受けている。
更に瘴気を吸い出さんとする弥勒に、駆けつけた犬夜叉が、声を掛ける。

「弥勒、もういい!」

ガガッ! 鋼牙が捕らわれている部分を、鉄砕牙で破壊して助け出そうとするが・・・・。
鋼牙の足が・・・奈落と同化し始めている。 
かごめも四魂の玉の異変を感じ始めていた。

(欠片が、黒くなった!?)
(もう時間が無い!)
(奈落の玉は、何処なの?)
(何処!?)
(私の力じゃ見つけ出せない!)
(教えて、桔梗!)
必死に、桔梗の力を借りようとした、かごめの目に映ったのは・・・桔梗の胸に光る黒い光!!
(まさか・・・?)
(桔梗の身体の中に四魂の玉が!)
・・・奈落が桔梗の中に隠したんだわ!!
黒く汚れてる・・・桔梗・・・汚れを浄化できない程に弱ってるんだわ。
ザワ・・・・
その時、上空から現れたのは、死魂虫(しにだまちゅう)! 
ザア―――――
何十体もの死魂虫が、死魂を抱えて、桔梗を目指して飛んでいく。
ザア―――――
桔梗が、その時を待っていたかのように、目を開けた! 
強い意志を感じさせる目。
(桔梗、今なのね!?)
(いま、撃つのね!?)
キリ・・・弓をつがえて狙いを定める。
かごめの意図に気付いた奈落が、そうはさせじと硬化させた触手で、崖を突き崩し、かごめを落さんとするが、死魂虫達が、崖から落ちた、かごめを空中で支えていいる。ザア・・・・

「おのれ・・・」

かごめが駄目なら、桔梗を! 
奈落の触手が桔梗に迫る。
バキバキ ザア・・・奈落が、玉を取り返そうとしている!! 
(今だわ!) 
かごめが桔梗の懐の中の四魂の玉を目掛けて破魔の矢を射た!!! 
矢が早いか、触手が早いか、ゴッ・・・・ドッ!!
一瞬の差で、矢が、桔梗の胸に、先に到達した。
眩しい光が周囲に溢れる。
カッ!!!桔梗が、霊力で、四魂の玉を浄化しているのだ。
死魂虫達も力を貸している。
 
「くっ・・・」
 
バチバチ・・バチ・・触手を通して伝わってくる浄化された四魂の玉の力。
奈落の触手が、浄化されていく。
ジュ――――― カッ!!!
一際、眩しい光を発して、かごめの矢が突き刺さった四魂の玉が、奈落に向かって飛んでいく。
キイィ――――ン ザアァ・・・

「桔梗、貴様・・・」

(儂を玉ごと浄化する気か!)
ゴオオォォ――――――――

「くっ!」

奈落が瘴気で幕を作り、浄化された四魂の玉を避けようとする!!!
瘴気の幕の中、浄化された四魂の玉の矢は、バチバチと音を立てながらも、尚も、奈落に向かっていく。
矢の後押しをしている死魂虫が、瘴気に焼かれて落ちていく。
ジュッ!ジュ―――――ボロボロボロ・・・
瘴気の幕の中を突き進む内に、四魂の玉に、汚れが、見えてきた。

「くくく・・・儂の瘴気に負けているではないか。」

嘲るような言葉の舌の根も乾かぬ内に・・・ドン!!! 
奈落の胸に突き刺さった四魂の玉とかごめの破魔の矢。
凄まじい衝撃が、奈落を、襲う。バチバチッ・・・バチバチ・・・
(死にかけの霊力など・・・玉ごと喰ってやる!)
そう思い、玉を取り込まんとすれども、霊力と瘴気との鬩ぎ合い(せめぎあい)は、激しく、奈落の内部さえ、破壊していく。
ガガガガガ・・・奈落の力が、弱まったおかげで、取り込まれかけていた鋼牙の足も外れるようになった。

「来い!」
 
犬夜叉が、鋼牙を抱えて連れ出す。
それに気付いた奈落が、苦しみながらも、触手を伸ばし、鋼牙の黒く染まり出した欠片を二つ供、取り出した。ザア・・・・キイ―――――ン 
鋼牙が必死に手を伸ばし、取り戻そうとするが既に遅い。
欠片は、奈落の手の内に・・・・。
鋼牙から取り上げた欠片は、奈落の胸に突き刺さった四魂の玉と一つになり、更に、完全な玉に近付いていく。
残る欠片は、琥珀の背中に仕込まれた物のみ。
その四魂の玉が、玉の内部で、霊力と邪気の、相反する力に呼応して、激しく争っている。
互いに譲らぬ正反対の力が、相手の力を呑み込まんとして。
外部からでさえも、その相争う様が、目に見えるほどだ。
白と黒の模様が、正と邪の力が目まぐるしく変化する。
奈落の中で、四魂の玉の中で、桔梗の霊力と奈落の邪気が、鬩ぎ(せめぎ)合っている。
激しく闘っている。
バチッバチッ・・・バチバチ・・・バチッバチッ・・・バチバチ・・・・
ゴオォ~~~~~~~~~~~~~バチバチッ・・・・・ゴオォ・・・・・

「くっ・・・」

内部から激しく揺さぶられる奈落。ババババッ・・・・ゴオォ・・・・

「桔梗・・・見える?」

「奈落が、苦しんでいる・・・」

「かごめ・・・後は、お前が・・・」

「え・・・?」

思いも寄らない桔梗の言葉に驚く、かごめ。
(邪気が・・・拡がる!?)
かごめの目に映る四魂の玉の様子!?

「ふっ・・・」

打ち込まれた弓を、奈落が、自らの邪気で消滅させる。
ザワ・・・ジュッ・・・

「桔梗・・・」

信じられない・・・桔梗の霊力が・・・負けた・・・の・・・?

「琥珀の・・・最後の欠片・・・琥珀の・・・光を守れ・・・」

「かごめ・・・お前にしか・・・出来ない事だ・・・」

(桔梗・・・何、言ってるの!?)

「桔梗、しっかりしてよ、私に、そんな事・・・」

「どうしたの、桔梗!? 弓で撃てば傷は浄化されるって・・・」

(助かるはずじゃなかったの!?)

「くくく・・・」

ザワ・・・霊力との戦いに打ち勝った奈落が、嘲るかのように桔梗に話しかける。

「桔梗・・・貴様の負けだ・・・」

そうとも・・・・儂の勝ちだ。
バキバキバキッ! 
硬化した触手で倒れた桔梗を狙う。儂が引導を渡してくれるわ!!!
瘴気に蝕まれ、起き上がる事も出来ない桔梗を、奈落の攻撃から庇おうと、かごめが覆い被さる。

「畜生!」

ザン!! 犬夜叉が鉄砕牙で触手を斬り伏せる。

「奈落、てめえ―――――っ!」

怒りに震える犬夜叉が、吠える。

「ふっ・・・」

「欠片は、後一つ・・・」

そうだ・・・・僅かに、後一つで、四魂の玉は完成する。
残るは、琥珀に仕込んだ物のみ。
・・・・それも、いずれ、儂が、必ず手に入れてやる。

「見届けてやろう・・・桔梗無しで貴様が、どう闘うか・・・」

犬夜叉め、悔恨の情に嘆き苦しむがいい。

「桔梗は、儂の邪気に負けた・・・もう終わりだ。」

桔梗は、もう、二度とお前の許には戻らない。
儂の物にもならないが、犬夜叉、貴様にも、渡しはしない!
そう・・・・今生ではな。

そして・・・・儂は、その場を後にしたのだ。
・・・・完成間近の四魂の玉を手中にして。
だが、桔梗が、最後に力を振り絞って放った霊力は、我が四魂の玉の中心に、どうしても消えない光の一点となって残り、儂の妖力をも脅かす。
まるで、桔梗の意思その物のように。
完全な闇の力を手にした筈の儂が、こうして密かに身を潜めねばならぬまでに・・・・。
おのれ! 桔梗!! 
死して、尚・・・まだ、犬夜叉に肩入れしようとするか! 
儂の中の鬼蜘蛛が、人の心が、恋敵(こいがたき)への憎悪を募らせる。
桔梗が、この世から居なくなった、今、儂の為すべき事は、犬夜叉、貴様を消し去る事だ。 
犬夜叉を殺し、四魂の玉を完全に手中に収める為には・・・どうすれば良い?! 
儂は・・・今は、動けん。
桔梗との戦いで、受けた損傷が、未だ、尾を引いている。
・・・・百夜も、まだ、重要な駒だ、使う訳には、いかん。
となってくると・・・残るは、神無か。
フッ・・・最早、神無の鏡を使わずとも、今の儂には、百夜の眼がある。
最猛勝も、居る。
仮に、神無を、この戦いで失ったとしても、大した損失には、ならんだろう。
犬夜叉を、首尾良く倒せば良し、それが、叶わずとも、出来る限りの痛手を与えてこい。
それが、お前に、出来る最後の務めだ。
神無よ・・・・鏡を開放しろ。
そして、犬夜叉を殺すのだ。
奈落の初めての分身にして、最も、奈落に忠実であった神無に非情な指令が下された。
クククッ・・・犬夜叉、神無の鏡から現れた妖(あやかし)は、手強いぞ。
貴様が、これまで苦労して培(つちか)った全ての力が、そっくりそのまま、全て、自分に跳ね返ってくるのだからな。
謂わば、己の敵は、自分自身と言う訳よ。
クククッ・・・而も、自分の力は、一切、使えなくなるのだ。
貴様が、鏡の妖怪と、どう戦うか、百夜の眼を通して、儂は、高見の見物をさせてもらおう。
ククッ・・・精々、楽しませて欲しい物だな。
         了

2006.10/16.(月).作成◆◆
 

《第二十作目『我が執着は蜘蛛の糸の如く』についてのコメント》

奈落主体の秋の新作です。 
殺生丸の次に奈落が好きな管理人、ついつい、この処の原作の展開から奈落の視点で小説を書きたくなって書き上げてしまいました。
それにしても・・・・奈落って★★★桔梗が本当に好きなんだなぁ~~~と感心しちゃいました。
この小説や原作での奈落の桔梗への台詞・・・・・読んでる此方には、まるっきり、愛の告白(歪んでるけど・・・・)としか思えません。 
滅茶苦茶に歪んでるけど・・・・物凄く屈折してるけど、それでも、奈落の桔梗への想いは真実だと思わざるを得ないんです。 
奈落って・・・・鬼蜘蛛って・・・・何て一途なんだろう!!!と感動します。

良く考えたら◆(考えなくても!)この作品は七千打のお祝い作品でした。コロッと忘れてました。 
どうも◆済みません 
これに懲りず◆これからも拙宅を◆御贔屓にして下さいますよう御願い申し上げます。 
ここまで来れましたのも全て訪問して下さる皆様のおかげでございます 
心より御礼申し上げます
    

2006.10/16.(月) ★★★猫目石
                                                                                                                                                                                     
 

拍手[6回]

PR