忍者ブログ

『鏡のように=神無(かんな)=』



※上の画像は『妖ノ恋』さまの使用許可を頂いてます。


鏡に・・映し出されているのは・・神楽。
あたしの・・妹。
奈落の・・一番最初の・・分身として生を受けた・・あたし。
神楽は・・二番目。
だから・・・妹。
あたしの名は・・・『神無(かんな)』。
あたしは・・・『無』。
『無』だから・・臭いも・・気配も・・妖気さえ・・無いの。
妹の・・神楽は・・『風』。
『風』は・・何者にも・・束縛されない。
自由自在に・・空を飛ぶ・・風。
でも・・奈落の分身に・・自由なんて・・無い。
ああ・・・だから言ったのに・・・神楽。
奈落に・・逆らっちゃ・・いけないって。
触手が・・神楽の身体を・・貫いた。
戻されたばかりの・・・心の臓を避(よ)けて。
注ぎ込まれる・・大量の瘴気。
いくら・・あたし達が奈落の分身でも・・あれじゃ・・・持たない。
濃すぎる瘴気が・・・神楽を蝕(むしば)んでいく。
神楽・・そんなに・・奈落の支配を受けるのが・・嫌だったの。
あたし達は・・奈落の分身なのに。
本体である奈落には・・どうしたって・・逆らえないのに。
奈落の触手を・・断ち切った神楽。
何処へ・・・行くの。
あたしは・・飛べないから・・神楽の側に・・行けない。
こうして鏡で・・見ているだけしか・・出来ない。
神楽は・・花が・・咲き乱れる場所に・・辿り着いた。
とっても・・綺麗な・・所。
もう・・身体が・・崩れかけている。
神楽・・・痛い?苦しい?
このまま・・一人ぼっちで・・死んで・・いく・・の。
そしたら・・綺麗な・・白い・・男の人が・・やって来た。
・・・・あれは?
思い出した・・犬夜叉の・・兄の・・殺生丸。
半妖の・・犬夜叉と・・違って・・完全な妖怪。
以前・・奈落が・・人見の城に・・誘い込んで・・その力を・・取り込もうとまでした・・相手。
その為に・・りんっていう・・あたしよりも・・小さな人間の・・子供を・・神楽に・・攫わせてた。
でも・・結局・・奈落の計画は・・上手くいかなくて・・そのまま城を放棄して・・白霊山に・・籠もったんだった。
神楽の・・・驚いた顔。
そう・・神楽・・殺生丸を・・知ってるんだ。
何を・・・話してるんだろう。
神楽の表情が・・さっきまでと・・違う。
とっても・・辛そうな・・悲しそうな・・感じだったのに。
その男(ひと)を・・見たら・・凄く・・嬉しそうなの。
ああ・・・風に・・舞い散るように・・消えていく。
神楽・・・笑ってた。
ねえ・・・満足だった?
自由に・・・なれた?
あれから・・魍魎丸は・・奈落に・・取り込まれたよ。
勿論・・赤子も・・一緒に。
奈落は・・もう一度・・白霊山に・・行って・・人の心を・・取り込んだの。
あの巫女と・・桔梗と・・・闘うために。
四魂の玉は・・もう直ぐ・・完成しそう。
残ってるのは・・琥珀の・・欠片だけ。
さっき・・夢幻の白夜が・・来たの。
奈落の・・・新しい分身。
鏡を・・・開放しろって。
奈落は・・もう・・あたしが・・必要じゃない・・みたい。
鏡を・・開放するってことは・・鏡の・・妖(あやかし)を・・呼び出して・・犬夜叉と・・闘えってこと。
鏡の妖(あやかし)は・・あたしの・・分身みたいな・・もの。
ううん・・・あたし自身・・かな。
だって・・鏡の妖が・・受ける傷は・・そのまま・・あたしの傷に・・なるから。
鉄砕牙の・・妖力を・・奪って・・犬夜叉を・・殺せって。
それが・・出来なければ・・相討ちを・・狙えって。
バシッ!かごめの・・破魔の矢が・・鏡の妖の喉元に。
あたしの・・喉元に・・亀裂が走る。
そのまま・・攻撃を・・仕掛ける。
鉄砕牙から・・奪った・・金剛槍破。
この地上で・・最も硬い・・金剛石の槍を・・降らせる。
でも・・狙った・・相手には・・全然・・当たってない。
そうか・・鉄砕牙の・・結界が・・働いてるんだ。
犬夜叉の・・顔が・・変わった。
目が・・赤い。
頬には・・妖線が・・一筋。
牙が・・見える。
爪も・・長くなってる。
妖怪化・・したんだ。
もう一度・・金剛槍破。
金剛石の槍を・・掻い潜って・・犬夜叉が・・鏡の妖の左肩を・・斬り付けた。
ピシッ・・ピシピシ・・・あたしの左肩に・・大きなひび割れが。
奈落が・・命じる。
竜鱗の鉄砕牙を・・出せって。
それで・・犬夜叉の・・妖穴を斬れって。
鏡の妖に・・腕を・・振り上げさせた。
その隙を・・衝(つ)いて・・犬夜叉が・・頭部を・・深く斬り付けた。
右目が・・破壊された。
・・・見えない。
鏡の妖が・・受けた損傷は・・そのまま・・あたしが受けるって・・犬夜叉達が・・気付いた。
これが奈落なら・・直ぐにも・・あたしを攻撃するはず。
ほんの少しも・・・ためらわないで。
現に・・今・・側にいる・・夢幻の白夜だって・・そう言ってる。
なのに・・かごめも・・犬夜叉も・・あたしに・・闘いを止めろって・・言うの。
・・・どうして?
あたしは・・・奈落の分身。
犬夜叉達の・・・敵なのに。
残った左目で・・尚も・・攻撃再開。
両手で・・何かを掴むように・・かざす。
この技は・・空中に鏡を・・映すもの。
鏡の妖の・・腹部の鏡を・・反射させて・・敵を攻撃するの。
でも・・その分・・はね返された攻撃は・・そのまま・・あたしに戻ってくる。
犬夜叉が・・鉄砕牙の結界で・・攻撃を防いだ。
ピシ・・ピシッ!
ピシ・・ピシ・・ピシッ!
胸に・・・亀裂が走る。
犬夜叉の・・鉄砕牙にも・・ヒビが。
もうすぐ・・折れそう。
あたしも・・壊れそう。
それでも・・奈落が・・手を緩めるなって・・言ってる。
かごめが・・空中の鏡を・・撃つって・・叫んでる。
手を交差させて・・空中の鏡の穴を・・消す。
スッ・・右手を・・切るように動かす。
風の傷を・・犬夜叉に放つ。
でも・・鉄砕牙の結界が・・働いてる。
犬夜叉には・・効かない。
ギシギシ・・・鉄砕牙が軋(きし)んでる。
犬夜叉が・・鏡の妖の持つ鉄砕牙を・・斬ろうとしてる。
そうなったら・・鉄砕牙の妖力が・・戻ってしまう。
駄目・・そうはさせない。
犬夜叉の一撃を・・左手で受けて・・鏡の鉄砕牙を・・庇(かば)う。
パキ・・・折れた・・あたしの右手。
まだ・・犬夜叉達は・・あたしを殺す気が・・ないの?
夢幻の白夜も・・・呆れてる。
闘いは・・・続いてる。
又・・犬夜叉が・・鏡の鉄砕牙を・・狙ってる。
スッ・・・今度は・・右肩で刀を庇う。
パリ・・・右腕ごと・・肩から折れた。
それでも・・・庇いきれなかった。
鏡の鉄砕牙を・・本物の鉄砕牙が・・斬った。
ドン! ゴォ———・・・バチバチ・・・逆流する妖気。
シュ———・・・犬夜叉の鉄砕牙に・・・妖力が戻っていく。
刀身のヒビも・・・消えてる。
鏡の鉄砕牙は・・・消えた。
もう・・あたしには・・闘う術がない。
奈落が・・あたしに・・最後の命令を下した。
犬夜叉達を・・・道連れにしろって。
だから・・側に・・近付いたの。
それなのに・・犬夜叉も・・かごめも・・あたしを・・殺そうとしない。
かごめが・・・言うの。
あたしは・・もう自由だって。
自由・・・あたしが?
あんなに・・神楽が憧れた・・自由?
でも・・もう遅い。
奈落が・・あたしを・・壊そうとしてる。
ビシビシ・・・ビシッ!
神無の全身に大きく亀裂が走る。
同時に神無の分身である鏡の妖にも。
カッ!・・・ガガッ!
砕け散る、神無が、鏡の妖が。
何千、何百の破片となって周囲に飛び散る。
ビシッ・・・小さな、本当に極小の破片が、かごめの右目に刺さった。
その小さな鏡の破片が、かごめに、奈落が持っている四魂の玉を見せる。
真っ黒な四魂の玉の中心に輝く一点の光。
(光が奈落を殺す・・・)
かごめ・・・受け取って。
あたしの・・・心。
最後の・・・言葉を。
 
   了

2009.12/26.(土).完成

拍手[4回]

PR