忍者ブログ

セフィロスを見るたびに思うこと


※この画像はff7からお借りしています。

お久しぶりです。
サボリ魔の猫目石です。
ご無沙汰してます。
あちこちネットを覗いてたらセフィロスを目にしました。
あ~~~もう、あのキャラって見るたび兄上を思わせますよね。
長身美形の銀髪、得物は細身の日本刀、孤高の存在という点も似てますし。
滅茶苦茶、強くて複雑な性格も同じです。
対するクラウドの剛刀も犬夜叉の鉄砕牙を思わせます。
とにかく見てるだけで凄くときめきます!


拍手[2回]

PR

餅つき(弥勒視点)②


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。

餅つきが始まった。
弥勒は珊瑚とともに活気あふれるその様子を感慨深く眺めていた。
昨年、奈落のせいで村は大きな損害をこうむった。
田畑は荒らされ瘴気によって焼け落ちた家も多かった。
とはいえ人命がひとりも損なわれなかったのは幸いだった。
失った家屋はまた建て直せばいい。
だが人の命はそうはいかない。
失われれば二度と戻らないのだから。


『奈落殲滅』という父祖三代にわたる長年の宿願をはたした私は珊瑚と共に村に住みつくことにした。
勿論、犬夜叉も一緒だ。
それに七宝と雲母(きらら)もいる。
三人と二匹、中々の大所帯だ。
楓さまに何もかもおんぶに抱っこする訳にはいかん。
御足(おあし=お金)を稼がねばならん。
となると、やはり、あれだな、妖怪退治だ。
犬夜叉と珊瑚がいれば文字通り『鬼に金棒』。
三人であちこちを巡って稼ぎまくった。
村の立て直し資金もできた。
それを使って家々を直し田畑も元に戻した。


今年、いや年があらたまったので昨年だな。
大きな戦乱もなく天候も順調な年だった。
おかげで作物の出来もよかった。
それで村では無事に年を越せたことを祝って餅をつき神仏に供えることになった。
明け方から村の衆が総出で準備にとりかかっていた。
もうもうと上がる蒸気、糯米(もちごめ)を蒸す匂いが周囲に満ちる。
なんとも食欲をそそる匂いだ。
男も女も老いも若きも皆、目を輝かせ『餅つき』に見惚(みと)れている。
私の傍らにいる珊瑚も嬉しそうに眺めている。
珊瑚の腹はふっくらと膨(ふく)らんでいる。
私と珊瑚の子供だ。
産み月は近い。
以前はどんなに憧れても手に入れることはできまいと諦めていた望み。
今はその全てがこの手の中にある。
平安、愛しい妻、生まれてくる我が子。
(心から感謝いたします)
弥勒は溢れんばかりの喜びとともに神仏に祈った。  了



拍手[6回]

餅つき(楓視点)①



新年を迎えるにあたり餅つきが行われた。
村の衆、特に若い男衆が杵(きね)と臼(うす)で餅をつく。
女子衆(おなごしゅう)は糯米(もちごめ)を蒸す。
今年、いや年が明けたから旧年は戦(いくさ)もなく天候不順もなかった。
おかげで多少の蓄(たくわ)えができた。
よって感謝の念をこめ神さまにお供えしようと村人総出で餅をついているのだ。
勿論、お供えした後の餅の残りは村の衆にふるまわれる。
滅多に食べられない御馳走の餅に村人の誰もが大興奮している。
餅をつく杵(きね)と合いの手で水をつける音があたりに響く。
 
ペッタン ペッタン パシッ ペッタン ペッタン パシッ

りん:「わあっ、凄いね、楓さま」

楓:「おや、りんは餅つきを見たことがないのかい?」

りん:「うっ、うん・・・」

口籠(ごも)るりんを見て楓は邪見から聞いたりんの境遇を思い出した。
(ああ、そうか、そうだったな)
(村の行事に呼ばれることもなく身をすくめるようにして生きていたのだろうな)
りんの家族は野盗に襲われ皆殺された。
唯ひとり生き残ったりんは村の厄介者として、それは酷い扱いを受けていたという。
楓は少し癖のあるりんの艶やかな黒髪の頭を優しく撫でた。
(りん、ここには誰もお前を虐める者はおらん)
(今まで辛かった分、幸せになるんじゃぞ)
(もっとも、お前を虐めるような度胸のある奴は出てこんじゃろうが)
りんを守護する白銀の大妖怪、殺生丸を思い浮かべ楓は薄く笑った。
実際にはりんを擁護するのは殺生丸だけではない。
今では村に居ついた犬夜叉に弥勒・珊瑚夫婦も事あれば必ずりんを擁護するだろう。
楓も、当然、その中に入る。
餅つきの熱気に興奮しながら真剣に見入るりん。
幼い預かり仔を慈愛に満ちた目で眺めつつ老いた巫女は心の中で祈りを捧げた。
(今年も良い年になりますように)  
                  了



拍手[5回]

謹賀新年


※この画像は『妖ノ恋』さまよりお借りしています。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
旧年は知識不足を実感して読書に励んでおりました。
今年は折にふれて小話など投稿しようと思っています。

emoji
emojiemoji猫目石emojiemojiemoji

拍手[4回]

良い年を!


※この画像は『妖ノ恋』さまよりお借りしてます。

ご無沙汰しております。
うんともすんとも反応せず誠に申し訳ございませんでした。
とはいえ流石に年の終わりなのでご挨拶にまかり出てきました。
2016年は特に政治的に激動の年でした。
地震、さらに大火災と災害の多い年でもありました。
来年はトランプ氏がemojiアメリカ大統領emojiに就任します。
大きく世界が動きそうです。
願わくば日本にとって良い年となりますように。
良い年をお迎えください。

emojiemojiemoji猫目石emojiemojiemoji

拍手[3回]

御礼&返信


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。

拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
嵯峨野すみか様、コメント有難うございます。
原作が途中の時点で書いた作品と終了後の作品とでは、少々、齟齬(そご=食い違い)をきたす部分があります。
とはいえ、私の構想では兄上はりんちゃんを西国に伴うのが基本設定です。
ですから、原作が終了しても、それほど酷い喰い違いはおきてません。
ああ、ついついネタバレになりそうなことを書いてしまいそうになりました。
危ないemojiemojiemoji危ないemojiemojiemoji
ともかく、殺りんは最終的には絶対にハッピーエンドにする予定です。
それまでに紆余曲折は多々ありますが・・・。
気長に待ってくださると助かります。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

拍手[9回]

際立つキャラクター:蛇骨





※上の画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。

公式ガイド『奥義皆伝』を見てて「ん?」と思いました。
七人隊の中で蛇骨の説明が4ページもあるんです。
蛮骨、錬骨、睡骨、銀骨が2ページ。
霧骨や凶骨にいたっては、たった1ページ!
破格の扱いです。
まあ、蛇骨は七人隊の中でも特に目立ちますもんね。
なんというか高橋先生には珍しいキャラです。
まあ、少年誌ですからね。
昨今、流行りとはいえBLを堂々と出す訳にはいきません。
(当時は今ほどBLが隆盛ではなかった)

一見、女顔の蛇骨、オネエかと思いきや、さにあらず。
でも着物が女物とか、頭に差してるのが簪(かんざし)とか、結構、女物多し。
突っ込むポイントは色々あります。
極度の女嫌いで大の男好き。
犬夜叉がドンピシャの好みのようです。
(可愛いが大好き!犬耳好き!好き!)
弥勒もかなり好き。
(結構、危ないセリフをはいてた)
鋼牙は野性的すぎてイマイチ。
(生足が好きらしい)
兄上のように綺麗だけど冷たいタイプは好みにあらず。
(すかしたタイプは嫌い)
ん~~結構、好き嫌いがハッキリしてます。
こういうのを「キャラが立つ」っていうんでしょうね。


emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
頑張る気が湧いてきます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

拍手[4回]

ストレス溜まりまくり!


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。

プハ~~~~~~~~~~~~っ、
ゼイゼイ(ToT)ハアハア(ToT)
ストレスが、ストレスが溜まりまくり~~~っ!!!!!
やっぱ連続して犬かごの話は精神に負担がかかります。
ストレスが半端ないです。
ハア~~~"(-""-)"無理するもんじゃありませんね。
殺りんファンの管理人には荷が重すぎました。
遂に拒否反応が出ちゃいました。
この溜まりまくったストレスを解消するためには???
うん、やはり兄上のお顔を拝むに限りますね。
秘蔵の殺りん画像をバンバンupして鬱憤を晴らそうと思います。
では、参ります!



※この画像は閉鎖されたサイト様よりお借りしてます。


※この画像は「妖ノ恋」さまよりお借りしてます。


※この画像も「妖ノ恋」様よりお借りしてます。
※御母堂さまも大好きです。


※この画像は「灰猫」様から頂きました。

はあ~~~~やっとこさ落ち着きました。
う~~~~ん、やはり兄上単独、殺りん、御母堂さまの画像は良いっ!
ダダ下がりのテンションが一気に持ち直しました。
拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
モチベーションが上がります。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji



拍手[7回]

「犬夜叉」の真の主役


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。


題名こそ「犬夜叉」ですが、真の主役は【かごめ】だと思います。
その証拠に物語は【かごめ】の登場から始まります。
十五歳になった途端、五百年前の戦国時代に引き寄せられた【かごめ】。
彼女なくして物語は始まりませんし犬夜叉の登場もありません。
何より肝心要(かんじんかなめ)の四魂の玉が【かごめ】の腹部にありました。
んもぉ~~うら若き乙女の腹に仕込んであるなんて、普通は想像もしません。
おまけに百足上臈(むかでじょうろう)に腹を喰い破られて出てくるんです。
ウエェェェ・・・えぐい!
凄~~~くエグイ登場の仕方です。
流石は四魂の玉、エゲツナイこと極まりなし!
【かごめ】・・・さぞかし痛かったろうなあ。


んっ? あれれっ、そういえば四魂の玉が誕生したのって、戦国時代から遡(さかのぼ)ること五百年前の平安時代でしたよね。
(『奥義皆伝』のデータより)
巫女の翠子(みどりこ)と妖怪どもとの激しい戦いの果てに両者の魂が合体して生まれたのが『四魂の玉』でした。
それも瀕死の翠子の胸から押し出されるというエグイ方法で・・・。
ということはですよ、かごめの腹部から出てきたのは本来の正しい登場方法なのか???
共に巫女の体内から出てきたんだから???
何はともあれ『四魂の玉』が生成過程からして特殊なアイテムだってことは良~~く分りました。
そんなおどろおどろしい『四魂の玉』を主体に話は推移していきます。


まず犬夜叉は【かごめ】によって封印から解放されます。
『四魂の玉』だって【かごめ】が戦国時代に引き寄せられたから出現しました。
そして【かごめ】の矢によって幾百の欠片に砕かれた『四魂の玉』。
あらゆることが【かごめ】に絡んで動きだします。
要は【かごめ】こそが物語の『鍵』だということです。
話の結末だって【かごめ】が締めくくってます。
【かごめ】に始まり【かごめ】で終わる。
「犬夜叉」とは【かごめ】主体の物語なのです。
犬夜叉でさえ真の主役である【かごめ】に比べれば添え物にしか見えません。
それほど圧倒的な存在です。


【かごめ】の前世は桔梗です。
桔梗は巫女として『四魂の玉』を浄化していました。
その『四魂の玉』を巡って桔梗は犬夜叉と知り合い二人は恋仲に。
この二人に絡んでくるのが奈落の素(もと)になった鬼蜘蛛です。
元盗賊の鬼蜘蛛、桔梗に横恋慕すれど自身の身体は酷い全身火傷と骨折で身動きならず。
そんな奴に目をつけたのが有象無象の妖怪どもでした。
四魂の玉を餌に鬼蜘蛛に自分の身体+魂を提供させ、それを素に奈落が誕生します。
そして奈落の姦計によって桔梗と犬夜叉は争わされ、桔梗は絶命、犬夜叉は御神木に封印という結果に終わります。


その際、四魂の玉は桔梗の遺言により、桔梗とともに荼毘(だび=火葬)に付され消失。
上記の下線部分が奈落の大いなる計算違いでした。
奈落の目論見では命を惜しむ桔梗が自分の命乞いを『四魂の玉』に願うはずだったのです。
自分はこう考える、だから桔梗もそう思うに違いない!
残念でした、桔梗は自己中の奈落とは正反対の思考をします。
ここで、一旦、物語は歩みを止めます。
その後、五十年、事態は全く進展せず。
まあ、当然ですね。
四魂の玉は何処かへ消えるわ、犬夜叉は封印されるわで動きようがない。
それが【かごめ】の登場によって全てが一斉に動き始めます。
「四魂の玉の消滅」という究極の目標にむかって。
内容的には「かごめ」に改題してもいいくらいです。
しかし、そうするとインパクトが余りにも弱い。
対して「犬夜叉」なら読者に凄いインパクトを与えます。
だからこそ、原作者の高橋先生は題名を「犬夜叉」にしたんでしょうね。


=========================================
拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
嬉しいです。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
拍手やコメントを頂くと頑張ろうという気持ちが湧いてきます。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji




拍手[4回]

★★★御礼★★★


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。

嵯峨野すみか様へ
コメントを頂きながら御礼が遅れてしまいました。
拍手も有難うございます。
そして申し訳ございません。
陳謝、陳謝にございます。
言い訳は見苦しいところですが、これは全て「閉じた井戸」のせいです。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
今回の作品は本当~~~に苦労させられました。
出だしは勿論のこと題名まで二転三転してます。
当初の題は「物憂い春」、次に「君なくて」、最後に「閉じた井戸」で落ち着きました。
また構成の方も半ばまで書き上げながら「ああ~~しっくり来ない!」と全削除したりしてます。
正直、もう止(や)めちゃおうかなと思ったほどです。
しかしながら、原作には井戸が閉じた直後の犬夜叉の描写が全くありません。
高橋先生が描くはずもないので、ここはひとつ殺りんファンの管理人が犬夜叉になりきって書いてみようかなと着手した次第です。
滅茶苦茶、呻吟【しんぎん=呻(うめ)き苦しむ】させられましたが(笑)。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
弥勒と珊瑚についても、彼らの情況を推測してみました。
二人とも、ともかくかごめの無事が一番の気がかりであっただろうことは容易に推測できます。
ならば、かごめが無事とわかったら?
ハイ、もう即、祝言あげます。
結婚ですね。
弥勒念願の子づくりです(笑)
でないと計算が合わなくなってきますから。
何がって、双子ちゃんの年がですよ。
恐らく、ハネムーンベビーくらいの早業(はやわざ)です。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
他にも拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
こんな僻地(へきち)のブログでも待ってくださってる方がいらっしゃると思うと勇気が湧(わ)いてきます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
頑張ろうという気持ちが出てきます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

拍手[2回]