忍者ブログ

北条早雲



北条早雲
有名な北条家の初代です。
とはいえ、この『北条早雲』という名前自体、当の御本人は名乗っていないことを銘記しておかねばなりません。
本名は『伊勢新九郎盛時』、出家後は『早雲庵宗瑞(そうずい)』です。
「大器晩成」という言葉がこれほど似合う武将は他にいません。
何しろ歴史の表舞台に出てきたのが延徳三年(1491)、早雲は60歳の時でした。
現在でも若いとはいえない年齢です。
まして寿命の短い戦国時代では老人も老人。
人生終わりかけの老将といっても差し支えないでしょう。
なのに、この老人は「老いてますます壮(さかん)なるべし」を地でいきました。
と持っていきたかったのですが、この年齢が、昨今の研究で怪しくなってきました。
どうも、実際の享年(きょうねん)は63歳だったようです。
んもぉ~~残念!
従来の88歳の方が「老人の星」で面白かったのに。
ガックリ_| ̄|○です。

愛刀 “日光一文字”

太刀 無銘 名物「日光一文字」 - 備前の名工、福岡一文字作の名刀
日光二荒山に奉納されていた太刀を北条早雲が手に入れて以降、
北条家の家宝となった刀。小田原征伐の際に、北条家との
和平工作に活躍した黒田官兵衛に与えられた。



家紋 “三つ鱗(北条鱗)”
北条早雲 家紋


拍手[1回]

PR