忍者ブログ

(殺×神)もありえないCP




※上の画像は「犬夜叉」原作よりお借りしてます。
※下の画像は『妖ノ恋』様よりお借りしてます。

拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
いつも励みになってます。emojiemojiemojiemojiemojiemoji

嵯峨野すみか様へ
拍手&コメントに御礼申し上げます。
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
全く同意見です。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji


(犬かご)と同様に(殺神)もあり得ません。
大体、神楽の最後に兄上が情けをかけたのは断じて恋情(れんじょう)なんかじゃありませんから!
あれは単なる憐憫(れんびん)の情です。
(殺神)ファンには悪いけどこれだけは断言しておきます。
そもそも、神楽は、りんちゃんに深く感謝しなければなりません。
もし、兄上がりんちゃんと出逢っていなかったら???
神楽は兄上に瞬殺されていた可能性が高いのです。
大体、異母弟の犬夜叉でさえ容赦なく殺そうとしたんですよ。
以前なら神楽が近づくことさえ出来なかったでしょう。
りんちゃんに出逢う前の兄上は気に喰わなければ、即、殺すという物騒な御方でした。
「馴れ馴れしく近寄るな。殺すぞ」という感じです。


まして神楽はりんちゃんを拉致して危険にさらしました。
兄上に瞬殺されたっておかしくないレベルです。
おまけに、りんちゃん、奈落に操られた琥珀に危うく殺されかけてます。
これだって本を正(ただ)せば神楽がりんちゃんを勾引(かどわ)かしたせいです。
殺りんファンとしては許せませんね。
まあ、拉致を命じたのは奈落ですから大本はみ~~んな奴のせいなんですがね。
それでも神楽は実行犯です。
その点、罪が軽いとはいえません。


なのに【被害者】であるりんちゃんは窮地にある【加害者】の神楽を何の躊躇(ちゅうちょ)もなく助けようとします。
ううっ、なんて優しい子なんだ、りんちゃん!
【コミックス36巻】
御霊丸(ごりょうまる)の妖気砲(?)に胸をぶち抜かれた神楽。
気力を振り絞り逃亡すれど大羽根から川に墜落。
気絶したまま川に流される。
それを見て必死に助けようとするりんちゃん。
加勢しようとする邪見。
力及ばす三者とも流されそうになる。
結局、兄上の命により阿吽に助けられたらしい。


ん~~~どうしても神楽に対しては評価が厳しくなります。
何しろ奈落の分身として生まれてからの行動が行動です。
他者を好き放題に殺しまくってますもん。
まるで自分の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように他者を蹂躙(じゅうりん)しまくってますわ。
流石は奈落の分身です。
やり方がよく似てます。
あれは酷い。
天生牙が神楽の救済を拒否するのも宜(むべ)なるかなです。
評価できるとすれば琥珀を助けたことでしょうか。

拍手[6回]

PR