忍者ブログ

連載当初と後期では絵柄が違う




※上下とも画像は「犬夜叉」よりお借りしてます。

PCのトラブルでちと間が空きました。
申し訳ございません。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
訪問できない間に拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。
有り難うございます。
emojiemoji嵯峨野すみか様へemojiemoji
コメント有り難うございます。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
お返事が遅れましたことをお詫び申し上げます。


やはり原作を読み直すと改めて込み上げてくるものがありますね。
アニメも好きですが基本『原作派』の猫目石です。
『犬夜叉』は連載期間(約12年)が長かったせいか初期と後期では大きく絵柄が違います。
兄上の場合は、その傾向が特に顕著(けんちょ)です。
上記の画像を見比べていただくと一目瞭然ですが、かなり絵柄が違ってます。
上の画像はコミックス2巻(初期)、兄上が初登場された時のものです。
下の画像はコミックス25巻(中期)、七人隊の毒を扱う霧骨を兄上が成敗された場面。

兄上の年齢は人間で換算すると19歳と『奥義皆伝』に出てます。
でも、最初の画像では、とてもじゃないけどそうは思えません。
よく言って犬夜叉と同じ15歳くらい、下手すると年下に見えるほどです。
それが下の画像になるとグッと大人っぽい雰囲気に変わってます。
年相応に見えるし背も高くなってます。
これは作者の高橋先生の技量が上がったせいでしょう。

兄上の毛皮(モコモコ)を見てください。
上と下では明らかに質感が違います。
上は明らかに描線が少ない。
下は細かい描線を多用して毛皮のモフモフ度を上手く表現してます。
『犬夜叉』は作中人物(妖怪と半妖も含めて)の成長物語です。
兄上も犬夜叉に負けず劣らずの成長をなされたようです。



拍手[5回]

PR