忍者ブログ

「犬夜叉」の真の主役


※この画像はアニメ「犬夜叉」からお借りしてます。


題名こそ「犬夜叉」ですが、真の主役は【かごめ】だと思います。
その証拠に物語は【かごめ】の登場から始まります。
十五歳になった途端、五百年前の戦国時代に引き寄せられた【かごめ】。
彼女なくして物語は始まりませんし犬夜叉の登場もありません。
何より肝心要(かんじんかなめ)の四魂の玉が【かごめ】の腹部にありました。
んもぉ~~うら若き乙女の腹に仕込んであるなんて、普通は想像もしません。
おまけに百足上臈(むかでじょうろう)に腹を喰い破られて出てくるんです。
ウエェェェ・・・えぐい!
凄~~~くエグイ登場の仕方です。
流石は四魂の玉、エゲツナイこと極まりなし!
【かごめ】・・・さぞかし痛かったろうなあ。


んっ? あれれっ、そういえば四魂の玉が誕生したのって、戦国時代から遡(さかのぼ)ること五百年前の平安時代でしたよね。
(『奥義皆伝』のデータより)
巫女の翠子(みどりこ)と妖怪どもとの激しい戦いの果てに両者の魂が合体して生まれたのが『四魂の玉』でした。
それも瀕死の翠子の胸から押し出されるというエグイ方法で・・・。
ということはですよ、かごめの腹部から出てきたのは本来の正しい登場方法なのか???
共に巫女の体内から出てきたんだから???
何はともあれ『四魂の玉』が生成過程からして特殊なアイテムだってことは良~~く分りました。
そんなおどろおどろしい『四魂の玉』を主体に話は推移していきます。


まず犬夜叉は【かごめ】によって封印から解放されます。
『四魂の玉』だって【かごめ】が戦国時代に引き寄せられたから出現しました。
そして【かごめ】の矢によって幾百の欠片に砕かれた『四魂の玉』。
あらゆることが【かごめ】に絡んで動きだします。
要は【かごめ】こそが物語の『鍵』だということです。
話の結末だって【かごめ】が締めくくってます。
【かごめ】に始まり【かごめ】で終わる。
「犬夜叉」とは【かごめ】主体の物語なのです。
犬夜叉でさえ真の主役である【かごめ】に比べれば添え物にしか見えません。
それほど圧倒的な存在です。


【かごめ】の前世は桔梗です。
桔梗は巫女として『四魂の玉』を浄化していました。
その『四魂の玉』を巡って桔梗は犬夜叉と知り合い二人は恋仲に。
この二人に絡んでくるのが奈落の素(もと)になった鬼蜘蛛です。
元盗賊の鬼蜘蛛、桔梗に横恋慕すれど自身の身体は酷い全身火傷と骨折で身動きならず。
そんな奴に目をつけたのが有象無象の妖怪どもでした。
四魂の玉を餌に鬼蜘蛛に自分の身体+魂を提供させ、それを素に奈落が誕生します。
そして奈落の姦計によって桔梗と犬夜叉は争わされ、桔梗は絶命、犬夜叉は御神木に封印という結果に終わります。


その際、四魂の玉は桔梗の遺言により、桔梗とともに荼毘(だび=火葬)に付され消失。
上記の下線部分が奈落の大いなる計算違いでした。
奈落の目論見では命を惜しむ桔梗が自分の命乞いを『四魂の玉』に願うはずだったのです。
自分はこう考える、だから桔梗もそう思うに違いない!
残念でした、桔梗は自己中の奈落とは正反対の思考をします。
ここで、一旦、物語は歩みを止めます。
その後、五十年、事態は全く進展せず。
まあ、当然ですね。
四魂の玉は何処かへ消えるわ、犬夜叉は封印されるわで動きようがない。
それが【かごめ】の登場によって全てが一斉に動き始めます。
「四魂の玉の消滅」という究極の目標にむかって。
内容的には「かごめ」に改題してもいいくらいです。
しかし、そうするとインパクトが余りにも弱い。
対して「犬夜叉」なら読者に凄いインパクトを与えます。
だからこそ、原作者の高橋先生は題名を「犬夜叉」にしたんでしょうね。


=========================================
拍手を贈ってくださった方々に御礼申し上げます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
有難うございます。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
嬉しいです。emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji
拍手やコメントを頂くと頑張ろうという気持ちが湧いてきます。
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji




拍手[4回]

PR